Top みんなで作る
銀河図鑑
銀河星雲
NEWS
銀河星雲趣味
スゴロク
初心者
入口
銀河星雲撮影
全手順
質問
掲示板
問合せ

銀マニ?マニア登録!マイページ

銀河星雲マニアのバイブル誕生!

Seestar専用ニュース&コミュニティーサイト!

企画:JUNPY


tweet LINEで送る



ランキング!▼▲

 天体一覧   個別天体   新着投稿 

北アメリカ星雲
(NGC7000)
はくちょう座にある散光星雲。形状が北アメリカ大陸に似ているところから「北アメリカ星雲(North America Nebula)」名づけられた。暗い星雲のため、肉眼では見えない。イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見された。


以下、投稿作品(新着順)

蒼月城
(神奈川県 since 1978)

■天体望遠鏡:BORG71FL
■カメラ:EOS 6D(SEO-SP4)
■撮影場所:静岡県天城高原
■この天体の攻略難易度:1
■赤道儀:SWAT-200
■オートガイド:QHY5L-II, LM75JC, PHD2
■画像編集ソフト:PixInsight
■撮影日時:2017年9月18日 19:30~
■ゲイン:ISO3200
■露光:240秒×12枚

<■加工前写真の説明>
撮影時にRAWとともに出力していたカメラの撮って出しJPEG画像の1枚です。288mmの光学系+フルサイズのカメラで撮影したので本来はこの画角です。赤っぽいのは天体改造カメラだからです。

<■撮影や編集の過程説明>
BackyardEOSという撮影ソフトを使って撮影しました。このソフトはカメラのリアルタイムプレビューをPCモニタ上に表示することができるので、それを見ながら構図を決めました。

画像処理は PixInsight。

つづき▼▲
2022/12/05




たつまる
(栃木県 since 2020)

■天体望遠鏡:SVBONY SV503 80ED
■カメラ:EOS 60D
■フィルター:サイトロン QBPⅢ
■撮影場所:自宅玄関前
■赤道儀:スカイウォッチャーEQ5GOTO
■オートガイド:SS-oneオールインワンガイダーV2
■画像編集ソフト:Pixinsight、Photoshop
■撮影日時:2022.8.18 21時〜24時
■ゲイン:フィルター付き1600、ノーフィルター800
■露光:フィルター付き360秒 × 7枚+ノーフィルター180秒 ×8 枚
■この天体の攻略難易度:5
■私の攻略法:出来るだけ天頂付近で撮ることです。

<■加工前写真の説明>
QBPⅢフィルターをつけて撮影した1枚になります。
この他にノーフィルターで撮影したものがこちらです。


<■撮影や編集の過程説明>
赤道儀を調整したので、テストのつもりで撮影したのですが、思いのほか良く写ったので驚きました。
肝心の赤道儀の調整は今ひとつで、歩留まりは6割ほど。
捨てるコマが多いと時間の無駄なので、今後なんとかしたいです・・・。

つづき▼▲
2022/09/04